投資は情報量と分析力がすべて

ファンダメンタル、テクニカルの双方を見ながら経済の先行きを分析します(内容は自己見解に基づきます。投資は自己責任でお願いいたします)

自己紹介

今更ながら、自己紹介をしたいと思います。

 

私は投資12年目です。学生の頃に友人が株式投資をやっているのを聞き、興味を持ったのがきっかけです。

 

株で少しの利益を上げていましたが、リーマンショックでは当時話題となっていた為替投資へ変更しました。投資を分かっていない当時の私は、ドル円100円、90円などの節目で勇敢に買い向かい散々な目にあいました。今となっては良い思い出です。

 

アベノミクスでボチボチな成績を残していますが、2018年は世界景気の悪化が明らかになりつつあり、これまでと同じ投資の仕方では通用しない可能性があります。

 

ブログを始めることで、自分を客観的に見つめ、熱くならないような投資を心掛けたいと思っています。またブログを書くことで、これまで流し読みしていたニュースであっても、ブログにまとめるには色々調べなければいけませんので、一層深い理解ができることや幅広い知識が蓄えられると期待しています。

 

ちなみに、

・ 理系修士

・ 過去最大の利益は、1銘柄で2500万円(3日連続ストップ高)

・ ストップ安よりストップ高経験の方が多い(ストップ安は過去1度だけ)

・ 企業分析・市場予測が得意で、成長株投資も多い。株価が上がる前に見つけ、保有株がその後倍以上になった経験が複数あります

 

投資スタンスは、

・ 短期ではテクニカルが強力な時もあるけど基本はファンダメンタル

・ 大局観を失った投資は失敗する

・ 情報の多さが優位性につながる

・ ここぞという時にリスクを過度に恐れない

・ どんなに絶好調の企業でも、相場が悪いと株価は上がらない。時期の見極めが大事

・ 根拠のない投資はしない

・ 株価予測は極めて困難だが、行き過ぎた価格など、短期的には株価の方向性を予測できる場合もある

 

また付け足すことがあれば更新していきたいと思います。

 

 *12/27、1/4追記