投資は情報量と分析力がすべて

ファンダメンタル、テクニカルの双方を見ながら経済の先行きを分析します(内容は自己見解に基づきます。投資は自己責任でお願いいたします)

日経急騰 SQを迎え今年の相場はこれまで?

本日の日経平均は+454.73円上昇の21602.75円という急騰となりました。

 

英国メイ首相の不信任案のニュースで一時的に先物は下げましたが、今となってはただの調整のようなチャートを描いてさらに上昇しています。

 

明日の日経平均も上昇し22000円を目指すタイミングがあるかもしれません。

ただし今年の相場はそこまでで、SQが過ぎれば年末に向けて閑散相場となるように思います。クリスマス休暇です。

 

年が明ければ、リーマンショック後の世界的な金融緩和を受けた大相場が転換するかどうかという大きな節目の年に突入します。

 

長期的視点ではどこかでチャートが崩れると考えていますので、私は積極的な買いはしばらくは控えることになりそうです。ただ、今は年明けまでポジションを持っても良いかな、とも思っています。

 

このブログもなるべく毎日更新して、当日・直近の世界の経済イベントは記載して翌日に備えようと思っているのですが、なかなか時間が取れず記載量が減少傾向です。

 

私の日々の主張ポイントの根拠も、図表をもとに明確に示さなければならないと毎日反省しています。目を引く写真・イラストも入れていないですし、ブログ開設以来ブログのタイトルすら変更していないので、時間をみつけて見た目くらいはブログらしいブログにしたいと思っています・・・。(簡単に写真とか図表をアップロードする工夫があればご教示いただければ本当にありがたいです)

 

 

 

さて話変わって、私は社会人ですので日中は取引ができません。日経平均が大きく下げた日の翌日に指値を入れるケースが多いのですが、うまく刺さらなかったり、買えても日中高値付近をつかむことがあります。

 

特にここ数か月は連続で株価が上昇するというケースが少なく、トレードチャンスが9:00、15:00と昼しかない人間には極めて不利なトレード環境です。

トレードするかどうか迷ったらとりあえず買っておけば利益が出たこれまでのアベノミクス相場とは明らかに状況が違うことで、収益機会を得られないことに苦しんでいます。

 

空売りをするとしても、手数料が高い点で買いと比べて収益性に劣りますので、まだ本格的な下落基調となっていない今の相場では手出しできません。

 

年中ポジションを持ち続ける必要はないのですが、私の場合ポジションを持たないとどうしても感覚が鈍ってしまい、いざトレードしようと思っても負けが続いたりリスクが取れず資金効率が悪くなってしまいます。

 

こういう時に、シストレ的なものは良いなと思います。

ただし、なかなかαを見出すことが難しかったり、時間が立てば同一の戦略が機能しにくくなることが知られており、それだったら自分で取引しようか・・・という堂々巡りが繰り返されるのですが。

 

候補となる戦略は複数挙げることができるのですが、ただその検証もエクセルではなかなか面倒な部分があり、プログラミングができるわけでもありませんので、まいっかという気になってしまいます。このプログラミング言語は役に立つかR勉強した方が良い、お勧めできるというものがあれば、こちらもご教示いただければ嬉しいです!